Program

長編部門(コンペティション)

コヨーテの4つの魂

原題:Kojot négy lelke

ハンガリー

2023

作品紹介

“ネイティブ・アメリカンの創造神話に基づく壮大な冒険 “と銘打たれたこの映画は、地球環境との調和の必要性がますます高まっていることを浮き彫りにしている–手遅れになる前に。
舞台は現代。反対派は、彼らの祖先の土地から丘を下ったところにある石油パイプライン・プロジェクトの乗組員と対峙する。長老は古代の天地創造神話を蘇らせ、人類が直面している挑戦は普遍的なものであり、生き物の大きな輪の中で自分の居場所を見つける必要があることを、私たち全員に思い起こさせる。動物、魔法、飢え、貪欲、そしてすべての創造物の聖なる輪に満ちた冒険を通して、この物語は、人類が軌道修正し、地球上の種の存続を守ることができるという希望を与えてくれるのだ。
この作品は、トロントで上映され、ザグレブ、オタワ、クローク、シッチェス、キエフ、ソウル、アヌシーで賞を獲得し、長編部門でクリスタル賞を受賞した。
この映画の真の狙いは、ネイティブ・アメリカンの民話に着想を得た不思議な世界を展開し、私たちを生命の神秘へと連れ戻しつつ、観ているものに映画を通じた逃避行を体感してもらうことである。コヨーテの普遍的な創造神話がアニメーションで再話されることで、サステナビリティと共同責任についてのメッセージも聞こえてくる。
あらゆる年齢層の観客を対象としたこのプロジェクトは、2Dと3D、ガウダー監督自身による絵画やドローイングを駆使している。音楽は、本物のネイティブ・アメリカンの歌から選ばれた。

コロラド大学チャールズ・ケンブリッジ博士(ナバホ族正式登録者)評「最高の芸術的語り口が観客を部族の宇宙の驚異に導く『コヨーテの4つの魂』は、人類の驚異と部族の人々の神秘へのギフトだ。」

監督

アーロン・ガウダー

モホリ=ナギ大学(ブダペスト)とベルリン芸術大学を卒業。監督・脚本家として活躍し、長編アニメーション映画『The District!』でアヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞など数々の賞を受賞。ドキュメンタリーの監督も務め、メトロポリタン大学の准教授も務める。